ジェイスタイル・ガレージ株式会社

シダーガレージ ガレージプラス+ ガレージドア シダーシェッド 薪ストーブ バイクガレージ
 

ガレージリスト

豊田様
 
安部様
 
瀬下様
 
木村様
 
群馬 安部様
シダーガレージ:
20x20フィート
6,096×6,096mm タイプ
37.2u 11.3坪

ガレージドア:
ジェイスタイルドア
木製レイズドタイプ
16x7フィート
4,877x2,134mm タイプ

塗料:
オスモカラー 「クリア」

築年月:
2008年2月

施工:
地元業者
* 下の写真はクリックすると大きな写真が開きます。
群馬県の森の中に建つ阿部さんのガレージ。 もともとこの地に父上が建てたセカンドハウスに隣接してガレージが建っています。阿部さんは3歳になる息子さんがいらっしゃる子育て世代。お住まいは神奈川県川崎市ですが、連休となる週末にはほとんどいらしてガレージライフを満喫しています。
事前に送っていただいた写真を見るとガレージには大きなバイクがずらりと並び、ガレージの外には大きなアメ車のバン。自動車関連のお仕事をされているということで、バブリーでガンガンくるタイプかとも思い少しビビリも入りながら伺いましたが、実際は優しく人当たりの良い好青年! ホッとしました(笑)
 
  そもそもは、クルマを落ち葉から守るためにお父上が建てたガレージですが、たちまち若夫婦の趣味のバイクが半分を占領してしまったとのこと。阿部さんが来るとクルマは外に出し、ガレージは重要な遊び場になっているようです。
山の緑を眺め、鳥のさえずりを聞きながらご友人たちと飲むコーヒーは最高!とおっしゃいます。
現在ご両親はこちらのセカンドハウスにほとんどいらっしゃるそうで、元々同居されているご自宅とバランス良く行ったり来たりされています。
場所の離れた2世帯住宅という感じで、羨ましいスタイルだなと感じました。
阿部さんがシダーガレージを選ばれた理由は、所ジョージさんの世田谷ベースに建つシダーシェッド‘ランチャー’の雰囲気を気に入られてのこと。同じレッドシダー材を外壁に使用したシダーガレージは当然の選択だったそうです。    
    カワサキの大型バイクを中心に約10台が並び、レストアや整備はもちろんご自分でされます。
「本当は街中のガレージよりも、空気の良いこの場所で仕事がしたいんですよ」 子育ても考え、将来はこの場所に住むことも想定していらっしゃるようです。
  ガレージのメンテナンスもご自分でされます。
木工も手馴れた様子でガレージの中には用途に応じた手製のラックなどの工夫がされていました。
木の内装は自由が利き、その時々で変化が楽しめる飽きのこないガレージとの評価です。
 
    実際に使用されてから感じたことは、標準で2箇所付く窓ですが換気を考えもう少し増やしておけば良かったということ。
天井に沿って上がるオーバースライダー式のためドアを開けたときの照明が取りにくいことだそうで、これは今後工夫していきたい点だそうです。
こちらのガレージは電動オープナーを付けられていなかったのですが、2台用ドアを手動で開閉するのがそろそろ億劫になってきたお父上のリクエストで電動オープナーを注文して頂きました。 訪問の日、タイミング良く商品が届きましたので取り付けのご指導をさせてもらいました。 今後も快適に末永く使って頂けると思います。    
    取材日 2016年5月21日
 
| カタログ請求| 会社概要 | 展示場 | お問い合せ | サイトマップ | プライバシーポリシー |