築50年の瓦屋根をリッジウェイの屋根材に張り替えた話

先日ジェイスタイルガレージのウェブストアでリッジウェイの屋根材をご購入いただいたお客様の事例をご紹介します。
これから屋根の張替えをご検討の方、また新築での屋根工事をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

大阪府にお住まいで広告関係のお仕事をされているというこちらのお客様、
最近築50年の平屋をご購入され、その瓦の屋根をなんとご自身で張り替えたそうです。
ちなみに屋根の施工は自身初のチャレンジだったそうです。

 

それでは早速その様子を見ていきましょう。これが元の瓦屋根の状態です。まずはそれを剥がしていくのですが、、、

なんと瓦の下からスレート屋根が!!そう、この屋根はカバー工法でリフォームされていたのです。
早速の予想外の事態に驚きながらも、めげずに作業を進めていきます。

スレートの下の防水シートを剥がすとようやく野地板が現れました。古い木なので残りも慎重に剥がしていきます。
ちなみにこの瓦とスレート、2種類の重い屋根を下ろすのが一番大変な作業だったそうです。全部で5〜8t(!!)もあったのだとか。

もとあった屋根の撤去が済み、ここからいよいよ張替えの作業に入ります。まずは露わになった野路板に、工事期間中の雨養生のために新しいルーフィングを張ります。また元の野地板は50年前の木なので痛みが心配、ということでその上にさらにもう一層、新しい野路板を張ります。

その上に田島ルーフィングのタディスセルフアーマーを敷き詰めていきます。ちなみにこちらのルーフィングは、高い引張・引裂強度を誇る合成繊維不燃布を使用している為、耐久性が非常に高いのが特徴です。

後日、トラックに積まれたリッジウェイの屋根材が運ばれてきました。可愛らしいキリンさんのクレーンです。

軒先に水切り金物を設置し、いよいよ屋根材を張っていきます。

下から順番に、釘を打ちながら丁寧に敷き詰めていきます。

綺麗に敷き詰められました。

 

そして棟板金を設置し、ついに完成です。
初めて施工されたとは思えないとても綺麗な仕上がりですね。

リッジウェイのファイバーグラスシングルは瓦やスレートのように割れることがなく、耐久性・防水性に優れた屋根材です。また軽量のため地震や台風対策にも適した屋根材で、シダーガレージの標準の屋根材としても採用しています。今後屋根の張り替えや新築をお考えの方はぜひご検討ください。※なお屋根工事には危険が伴いますので、ご自身で施工をお考えの方はくれぐれもお気をつけください。

 

リッジウェイ・ファイバーグラスシングルの商品ページはこちら
その他屋根材の商品ページはこちら

関連記事

PAGE TOP