DIYでキットのバイクガレージを建てた話

 

 

都内某所。
自宅の駐車場にバイクを数台保管されているオーナーですが、セキュリティの心配もありバイクガレージを建てたいというご依頼を頂きました。

もともとはツーバイフォー工法のキットガレージ「シダーガレージ」をご希望でしたが、予算が合わなかったので、
それであればということでご提案したのが、現在商品化を進めている小屋のキットを使った3坪(9.9㎡)の小型バイクガレージ。発売前のこちらのキットを試作的に建てさせて頂くことに、快くご了承して下さいました。

このキットは2×4材を半割にした軽量な構造材を使用するため、木材の価格はぐっと抑えられますし、
大工を手伝いで3日間のみ派遣してその他はDIYで仕上げる事でご希望の予算に合わせることができました。
※確認申請の不要な現場です

 

基礎は既存のコンクリートを活かして、立ち上がりをコンクリートブロックで作製。
土台を緊結するアンカーも必要箇所に設置しました。

 

そしてキットの組立工事開始。トラックで構造材が運ばれてきます。

軽量化した壁パネルは大人2〜3人で軽々持ち上がります。土台と壁パネル、壁パネル同士はビスで固定します。

背面は狭くなるので予め外壁材まで取り付けます。
工事を気にして見ていたオーナーの息子さんも喜んでお手伝いしてくれました。

妻壁パネルを乗せ、2×4材の垂木を並べたら野地板を張って行きます。

屋根ができると一気に小屋の感じがしてきます。

1

2 3

関連記事

PAGE TOP