シダーガレージのパネル工場の話

シダーガレージはツーバイフォー工法(枠組壁工法)の建物です。壁パネルの構造材と屋根のトラス構造部分の材料を、栃木県にあるパネル工場で作って頂いています。木質トラスの第一人者であるこの工場はこちらの要望に細やかに対応して頂ける頼もしい存在です。

大手ハウスメーカーさんなどの構造材なども手掛ける工場なので工場内は撮影不可なのですが、それでも、少しだけ積込み作業を見せて頂く事が出来ました。

壁パネルが広い敷地内に整然と並べられ、壮観です。

屋根の構造材であるトラスも、木と木を繋ぐ金物を20トンもの力で圧縮して作られているので、重ねた荷姿も美しいです。

ウチのスーパー運転手さん(“スーパー運転手・相馬さんの話”)がせっせとトラックに積み込みます。積み込む際は順番が大事です。荷下ろしが直ぐに建方作業に繋がるからです。ユニック操作も手慣れた感じで着々と積込み作業は進みます。

そして現場へと向かいます。

 

シダーガレージの商品ページはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP