シダーガレージのシダーはウエスタンレッドシダーだという話

ジェイスタイルガレージのメインの商品であるキットガレージ「シダーガレージ」の標準の外壁材には、ウエスタンレッドシダーというカナダ産の無垢材を使用しています。

シダーというと杉と思われる方も多いのですが、かつて「生命の木」と呼ばれたレッドシダーは実はヒノキ科ネズコ属の針葉樹で、ヒノキの香りがします。濡れや乾燥に強いため腐りにくく、表面のラフな風合いが独特の雰囲気を醸します。また軽量で柔らかく扱いやすいという特徴もあります。更には防虫効果もあり、木っ端をタンスに入れておけば虫よけにもなるそう。

色々なサイディング材がある中で、私はやはりレッドシダーの持つ木の味が好きです。形状は、断面が直角三角形になる“ベベルサイディング”でそれを少しずつ重ねながら張り合わせていきます。この段になった外壁が遠くから見てもウチのガレージだと判る味を出してくれます。

無垢材なので外部用保護塗料を必ず塗らないといけないし、ラフ面に塗るために塗料も多く吸う(その分長持ちはする)けれど、完成したガレージからは幸せな匂いがする。ハッピーな空間を作ってくれる気がするのです。

 

シダーガレージの商品ページはこちら

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP