神奈川県の現場の話パート2

神奈川県の現場の話パート1はこちら

 

先日神奈川県の現場の建方がありました。工事の第一歩、構造材を搬入し組み立てる建方はツーバイフォー工法ならではのスピード感で進みます。当日は天気にも恵まれ、気持ちのいい快晴でした。

まずは、既にパネルになって運ばれてきた部材を現場に搬入します。こちらの現場は少し奥まった場所にあるので搬入が少し心配でしたが、クレーン屋さんの見事なクレーンさばきで次々と運ばれていきます。

 

カッコいいです。。

 

一方で大工さんが基礎の上の土台工事を開始します。それが完了したのち、壁パネルをその土台の上に乗せていきます。

ここまでは、普段のキットガレージとあまり変わらない工程なのですが、ここから建物の奥半分に床根太を張っていきます。そう、この建物は2階建てなのです。

 

足場の上に登ると西日が遠くの山々に差し込んでとてもいい景色です。2階の壁パネルを建てて妻壁を作ると建物の全貌が少しずつ見えてきました。

一日で大体このあたりまで進みました。まだ構造を組み立てただけなので雰囲気があまり伝わりませんが、今回の物件は2階建てのガレージであり倉庫であり、そして離れの部屋となる建物です。引き続きこちらのブログで追ってお伝えできればと思いますのでご興味のある方は是非チェックしてくださいね。

 

神奈川県の現場の話パート1はこちら

 

関連記事

PAGE TOP